疲れにくい体を作る方法!筋トレのおすすめは?

今からムキムキボディになる!

こんにちは!マスターです!

 

筋トレは雨が降ってもできるのがいいですよね。

 

基本的に室内で行うトレーニングのため、季節や天気に関係なく

運動をすることができます。

 

特にジムに通って筋トレをしている人は、

完璧な環境が用意されていますので最高ですよね。

 

継続的にトレーニングを続けることで筋肉は大きく育ちますので、

筋トレに最適な環境作りにも気を配ってみましょう。

 

それでは本題に入りましょう!

 

今回は筋トレで疲れにくい体を作る方法を紹介します。

 

 

 

疲れの原因とは何か?

 

 

夜寝る前に「今日は疲れた…」と思うことがあります。

 

人によっては毎日寝る前に「疲れたな…」と思うこともあるでしょう。

 

それではなぜ人はそんなに疲れてしまうのか、その理由を見ていきましょう。

 

まず「激しい運動」が原因の疲れがあります。

 

引越しを手伝ったり、社内のボーリング大会に参加したり、

ゴルフをしたりマラソンをしたりと、普段は運動をしない人が激しい運動をすると

疲れてしまいます。

 

 

さらに「家事」を頑張ると疲れてしまうこともあります。

 

掃除や洗濯、ぞうきん掛けや風呂掃除などをまとめて行った日の夜には、

足腰に疲労を感じるかもしれません。

 

激しい運動と同じように家事も体に負担を与えることがあります。

 

肉体労働に近いような大変な家事をした場合は特に疲労感が強いでしょう。

 

 

また「立ち仕事」を行った場合も疲弊します。

 

例えば飲食店で働く人は、休憩時間以外は立って仕事を行います。

 

足腰や足裏の筋肉はもちろん、全身の筋肉に疲労感を感じることがあるでしょう。

 

 

さて「激しい運動」「家事」「立ち仕事」をすると、

なぜ疲れてしまうのでしょうか。

 

 

それは全身の筋肉の量や強さが足りないからです。

 

 

簡単に言えば「筋トレ不足」ということになります。

 

 

5kgのダンベルを持ち上げるのが重いと感じる人は、その程度の筋肉の強さしかない

ことになります。

 

そのような人が10kgの物を持ち上げて移動したら疲れてしまうでしょう。

 

 

また3時間立ちっぱなしでいるだけで、座り込みたくなるほど疲労してしまう人は、

脚の筋肉量が足りません。

 

 

いきなり8時間立ちっぱなしで働き続けるのは難しく、仮に頑張って立ち続けたら、

深刻な疲労が残るはずです。

 

 

つまり疲れの原因を探っていくと「筋トレ不足」という課題が出てくるのです。

 

 

疲れにくい体を作る方法!

 

「体幹トレーニング」はすでにご存じの方も多いのではないでしょうか?

 

実は、この体幹トレーニングは疲れにくい体を作ることも可能になりますので、

ご紹介したいと思います。

 

筋トレのビッグスリー補助的な運動にもなりますので、とてもおすすめですよ。

 

 

体幹とは体の中心部分のことで、体幹トレーニングをすると

体の中心の奥にある大切な筋肉を鍛えることができます。

 

 

体幹が鍛えられると姿勢が良くなり、効率的な動きができるようになりますので、

疲労しにくい体になるでしょう。

 

 

体幹トレーニングの基礎的な運動に「フロントブリッジ」があります。

 

 

うつぶせに寝て、手を握り込みます。

 

手から肘までを床に着けたまま、腕立て伏せの姿勢のように体を浮かせます。

 

そのまま30秒から1分間静止するだけで、体幹の筋肉を鍛えることができます。

 

頭からお尻まで一直線になるように注意をして行うと、

効果的なトレーニングができるでしょう。

 

 

 

疲れにくい体にするおすすめの筋トレは?

 

 

疲れにくい体を作るためには、必要な筋肉の量と強さを身につける必要があります。

 

まずは全身の筋肉をバランスよくつけるために、基本的な筋トレ

行うようにしましょう。

 

 

おすすめの筋トレとして「ビッグスリー」と呼ばれる方法を紹介します。

 

筋トレのビッグスリーを行えば、全身の筋肉がバランスよくつきます。

 

初心者の人ほどビッグスリーの筋トレを中心にトレーニングしていきましょう。

 

 

ビッグスリーのひとつが「スクワット」です。

 

スクワットは、足腰の筋肉を鍛えるのにもってこいです。

 

立ち仕事やすべての運動や家事、仕事に必要な筋肉を鍛えることができます。

 

スクワットの方法は、肩幅に足を広げて、おしりを突きだすように降ろしていき、

膝の角度90度になるまで腰を落としていきます。

 

90度になったら静止して、ゆっくり元の位置に戻していきましょう。

 

この運動を10回から50回程度1セットとして、

3セット程度行うと効果的なトレーニングになります。

 

 

ふたつめが「ベンチプレス」です。

 

ベンチプレスは胸の筋肉と腕の筋肉を鍛えるためのトレーニングです。

 

ベンチに仰向けに寝て、バーベルやダンベルを持ち上げていきます。

 

10回ベンチプレスができるかどうかの、重さのバーベルやダンベルを使用すると、

効果的な筋トレになります。

 

ボーリングやゴルフなどのように、重い物を運ぶ時や物を投げたり

振ったりする時に疲労しにくくなります。

 

 

最後が「デッドリフト」です。

 

デッドリフトをすると背中の筋肉や腰の筋肉を鍛えることができます。

 

足元に置いたバーベルやダンベルを垂直に持ち上げる筋トレです。

 

引越しの手伝いをすると重いダンボールを運ぶことがありますが、

デッドリフトで鍛えた筋肉ならかなり重いダンボールを持ち上げても大丈夫です。

 

 

このような基本の筋トレをこなしていくと疲れにくくなるでしょう。

 

 

 

まとめ

 

疲れにくい体を作るためには、必要な筋肉の量と強さを身につける必要があります。

 

そのためには継続的な筋トレが効果的です。

 

基礎の筋トレ「ビッグスリー」や補助的な運動として

「体幹トレーニング」を行うと、かっこいいだけでなく

疲れにくい体を作り上げることができますよ!

 

是非お試しください。

 

 

画像:http://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1512015874/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cDovL3d3dy50c3ViYWtpc28ubmV0L2NhdGVnb3J5NS9lbnRyeTkuaHRtbA–/RS=%5EADBDkbsW4j2ZZT0SH2qn5dMeSGgaIA-;_ylc=X3IDMgRmc3QDMARpZHgDMARvaWQDQU5kOUdjUUZuVGxWOWdQS0ljRkNjV3JReVR3c1V6bFpjTzRkV1dKaDNvdUVJMnpHOTdGc1hxXzZpRDR6X3cEcAM1NWF5NDRLTTQ0R3I0NEdQNDRHRTVMMlQ0NENBNTVTMwRwb3MDNgRzZWMDc2h3BHNsawNycg–

画像:http://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1512015959/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cDovL2lsbHVzdC1zb3phaS5qcC8-/RS=%5EADBTOfsoDIfklKQcG3uvwMRS7RPeKk-;_ylc=X3IDMgRmc3QDMARpZHgDMARvaWQDQU5kOUdjUWdKclZXc0tnS28yRUUzcExyRXU0TVJ3S3pzdlFQSlhVY2dxWmlxWVdPd3pjVHZUUUdoWlpKVkEEcAM1NWF5NDRLTTQ0Q0E0NEtrNDRPcDQ0SzU0NE9JBHBvcwMzMgRzZWMDc2h3BHNsawNycg–

画像:http://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1512016014/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cHM6Ly9zbWFydGxvZy5qcC83MDE1NQ–/RS=%5EADBpEQ60PHeUMiYnCs9jRl6KAHokhg-;_ylc=X3IDMgRmc3QDMARpZHgDMARvaWQDQU5kOUdjVE95RlBNWEkxMlB0M3JhM2pfb2dCemZETDVLM0trNDItRFRYSnNONjdOUEllc0hMYl9faG9VVE5mNwRwAzQ0T1Y0NE90NDRPejQ0T0k0NE9XNDRPcTQ0T0Q0NEs0BHBvcwMyBHNlYwNzaHcEc2xrA3Jy

画像:http://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1512016081/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cDovL3doaXRlbmluZy10b290aHBhc3RlLmNvbS9tdXNjbGV0cmFpbmluZy1iaWcz/RS=%5EADBXYXpUoEklukGJvfCRa6V44H7URM-;_ylc=X3IDMgRmc3QDMARpZHgDMARvaWQDQU5kOUdjUnZsbUFrY2ZFYXhidHhrX3J3S1B5NGltc0dNSEJxcmI0X0U5UVEyVXpheHdTcmtDNk9wNm13dFNBBHADNDRPVDQ0T0Q0NEt3NDRLNTQ0T3E0NE84NDRHdTU2Mkw0NE9JNDRPcwRwb3MDNARzZWMDc2h3BHNsawNycg–

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です