プロテインは健康的に大丈夫?肝臓は?副作用は?取り過ぎに注意

nomu

今からムキムキボディになる!

プロテインは筋力づくりに有効なのか。

その問いは皆さん自体のトレーニング方法によります。

その際の留意点を網羅し、正しいプロテインの採り方を伝授します。

痩せているあなたがムキムキボディを手に入れるための、必要知識とは一体なんなのでしょう。

 

プロテインは健康的に大丈夫なの?

細マッチョ

画像出典:https://vokka.jp/9069

プロテインはほぼ純タンパク質です。

その用途としてはプロテイン粉末製品であれば、ボディトレーニング用でと謳われています。

そもそも栄養の一種であるから、普通のプロテインの飲食でも十分じゃないかと思われるかもしれませんが、プロテインのみの摂取で太るという話は聞いたりします。

それは、プロテインの摂取で健康に被害があるのかと言う憶測となっても現れたりしますが、本来は純栄養素の一種であるので、そこまで心配する必要はないです。

ただし、やはりスポーツトレーニングと一緒にということは確かです。

その理由は、たんぱく質は身体のメタボになる危険性もはらんでいるというかたちになります。

もし、スリム体形の方がプロテインを摂取していく場合、きちんとした筋力トレーニングを加えれば、骨格筋として体形はアップしますが、放っておいての飲用ばかりであれば、カロリーの過剰摂取と言うことになりかねません。

そして、プロテインは一般の全栄養型健康食品とは違うので、そればかりを摂る事での、栄養の偏りも懸念されるところです。

 

プロテインは肝臓に負担がかかる?

プロテインはそれだけの飲用では、身体へのカロリー過多になる恐れがあります。

それは、タンパク質としての摂取ですが、骨格筋がつくためには、随時の筋肉細胞への刺激や、トレーニング中の神経電流の交換による訓練がセットで行われなくてはなりません。

そのためプロテインのみの飲用でもし偏食と合わせた場合は、他の栄養素として炭水化物・ミネラル・脂肪等の栄養が摂れない分、肝臓の欲しがっている栄養素を全部摂れない可能性が高いのです。

それは、例えば血液を作る栄養に、タンパク質だけでは、足らない事であるのと同様に、身体の組成はタンパク質要するにアミノ酸だけの供給では足らないということです。

それを防ぐためには、必要量の食事を常時採っておいて、プロテインを毎日少しずつ身体に供給していくこと。

そして、そのプロテインを充分に活用するため、筋力トレーニングやスポーツによって、筋肉細胞へとタンパク質をチェンジすることです。

肝臓ではほぼすべての栄養を欲しがっていますので、偏食によりプロテインを補給するのには難があります。

 

プロテインの副作用とは?

mucsle

プロテインの副作用と言うものはないですが、プロテインの種類にもよるでしょう。

きちんとしたメーカーのものを使用するべきです。

普通の食事では供給しきれない栄養のために、プロテインを摂取する訳ですから、もしプロテインばかりの食事であれば、それはプロテインの副作用ではなく、偏食の弊害です。

しっかりとした製品としてのプロテインは食品の登録の一部ですので、副作用と言う言い方はあたりません。

純タンパク質としての製品であり、その吸収率の高さから、ボディトレーニングとのセットで愛用される食品です。

 

まとめ

プロテインにまつわる憶測や、さまざま推測が流れるのは、食品産業としての位置をまだ確かにしている訳ではない理由でしょう。

健康食品の部類の方でもなく、医療用の薬類でもないので、特殊な食品群とも言えます。

プロテイン製品は多く出ていますが、それぞれ、どのようなトレーニングに適しているかと言う区分けにより、シリーズ化されていることがあります。

そして、元の体形に沿った利用法をされるべきです。

よく、カロリーを控えたプロテイン製品もありますが、それはおそらく、炭水化物分や脂質分を減らしていると思われます。

もともと、健康と言う意味でのトレーニングとセットにする場合、脂肪数過多の場合ですと、よけいにプロテインを摂取するのは、あまり得策ではないですし、他の脂肪分までの栄養が入っていれば、トレーニングにも栄養摂取の上でも弊害があります。

プロテインの栄養が、今の自分の目指す体形のどれに近いかを狙う上での、プロテイン製品の選択になります。

今の自分の栄養状態として、脂肪もある程度付けた方が良いという形であれば、レギュラータイプを摂取するとよいでしょう。

補足ですが、身体の安定性と持久力を付けるという点では、脂肪はある程度あったほうが良いのです。

そして、プロテインを摂る際は、偏食に利用したりせず、身体の栄養のバランスを考えて、ボディトレーニングとのセットとして、運動の前後に摂ると効果的です。

運動の前には、筋肉へのタンパク質・アミノ酸としてのエネルギー源としての意味であり、運動の後では、筋肉を補充し、補修する意味において、有効です。

それは、身体が筋肉を欲する状況に追い込んだ結果、自然と筋力と筋肉が付いてくるよい効果となって現れます。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です