プロテインでアレルギー反応?何アレルギー?副作用は?まとめてみた

今からムキムキボディになる!

こんにちは!マスターです!

筋トレを頑張っている人が多いらしいですね。

特に細マッチョの人が頑張っていると、とても嬉しく感じます。細マッチョになる人が増えると、ますますいいと思うのです。

ガリガリの人を見ると、とてももったないと感じます。その人は、細マッチョになることができるのに、そんな風に思ってしまうのです。

するととても女性にもてます!実際に細マッチョになっているという人が言うんだから、間違いありません。

また健康的になったという人も、増えているのです。筋トレは、難しくありません。

しかし、その筋トレをするときにやっぱり躊躇してしまうことがありますね。本当に自分がかわることができるのだろうかと思うのです。

それは大丈夫です。どんな人だって、鍛えることによりそれなりの効果を必ず感じることができるのです。

筋トレは、プロテインなどの補助食品を取りながら行うことで、その成果をより感じやすくなります。

どうせするのだったら、しっかりと成果を感じたいですね。

ところが最近、少し心配という人がいるのです。

それは、プロテインはタンパク質なのでアレルギーを起こしやすいのではないかということなのです。確かにタンパク質に反応してアレルギーを起こす人もいますね。

そのため今回は、そのプロティンでアレルギーのことについてご紹介させていただきます!

プロテインでアレルギー反応?

画像引用:http://livelyikuji.com/%E5%A4%A7%E8%B1%86%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC-%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%86%E3%82%A4%E3%83%B3/

筋トレをしている時、必死になるのでアレルギーのことについて考えることがないという人もいます。

ところがアレルギーのなり易い人にとっては、そのことは深刻な問題です。

アレルギー反応を起こすと、運動に集中することができなくなります。

そのため、プロテインでもアレルギーを起こすのか知っておくことはとても大切なことなのです。

プロテインは、タンパク質なのでアレルギーを起こすことがあります。タンパク質でアレルギーを起こすという人は、その飲んでいるプロテインで起こす事もあると理解しておきましょう。

それは、一般的に販売しているプロテインは牛乳や大豆から抽出したエキスにより作られているものが多いです。

牛乳そのものではないので、牛乳でおかしい症状が出ても、プロテインでは平気という人もいます。

また大豆に関しても、同じことが言えます。大豆といっても加工食品なので、激しいアレルギー反応を起こすことがある人以外は、そんなに起こす危険性は少ないです。

しかし、牛乳や大豆でアレルギーを起こしやすい人は、慎重に飲むことをおすすめします。

またそのアレルギーを起こす原料で作られているプロテインを外すことも大事ですね。

原料は、その袋に記載されています。それを見て、自分のアレルギー食品ではないことを確認しましょう。

プロテインは何アレルギーを発症しやすいの?

画像引用:http://lowch.com/archives/12045

プロテインによって、アレルギーを発症する可能性があるのは牛乳と大豆です。

原料を見たときに、ホエイ、ガゼインが入っていると書かれているプロテインは牛乳から作られたものとわかります。

またソイと記載されたものは、大豆から作られたものとなります。

アレルギー反応は、それを飲むことにより直ぐに出る場合もあるし、しばらく経ってから起きることもあります。

それは、じんましんなどの皮膚症状やお腹がゆるくなるなど腹部症状を発症することが多くなっています。

また希に、アナフィラキシーショックといって、その症状が見られることもあります。アナフィラキシーショックは、とても危険です。

牛乳や大豆のアレルギーを持っているとわかっている人は、注意をして選択することが大事ですね。

プロテインの副作用を改めてご紹介

画像引用:http://meirusenju.jp/kunika/1861/

プロテインは、筋トレをするときにとても気軽に撮れる栄養食品です。そのため、多くの人が利用しています。

食事をするのと同じように、朝や筋トレ前後、夕食後などにとることがありますね。

その時、アレルギーかなと思った時には速やかに中止をするようにしましょう。そのプロティンで起こしているのかわからない場合も、一応中止をしたほうがいいのです。

アレルギーを起こしやすいのは、体が極端に疲れている時、睡眠不足などで起こすことがあります。つまり、体の免疫力が下がっている時なのです。

そのため、アレルギーとして感じたことがないという人でも、そんな風に蕁麻疹が出たり、腹部症状が見られることがあるのです。

体調を整えて健康管理を行いながら、筋トレを行うことが重要ということですね。

まとめ

筋トレは、たくましい体になることができるし、何よりも見た目がよくなります。

細マッチョを目ざしたいと思っている人は、筋トレとともにプロティンを検討するといいですね。

そしてその時、原材料を見て自分のアレルギーを起こす食品が含まれていないか確認をしましょう。すると安心して、筋トレを行うことができます。

また体調が悪い時には、アレルギーを起こしやすくなります。健康管理を行うために、毎日の良い生活習慣を目指しましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です