乳酸は疲労の原因ではない!筋肉を成長させるしくみとは?

今からムキムキボディになる!

こんにちはマスターです!

 

筋肉を付けるには、ゆっくり付けていくのも大事ですが

短期間で、確実に筋肉を付ける方法があったらもっといいですよね。

 

筋肉をつけるには筋トレを継続することがとても大事です。

 

ですが、筋トレは疲れるものですよね。

 

この疲労、乳酸が原因だと思われてはいませんでしたか?

 

実は、乳酸は疲労の原因ではない事がわかりましたので、

ご紹介していきたいと思います。

 

 

 

乳酸とは?

筋肉を使って疲れてくるとよく「乳酸がたまった」

というような表現をする人がいます。

 

その前にトレーニングをして、筋肉痛が起きる仕組みを伝えて行きます。

 

筋肉痛が起きるのは筋肉が傷つき、治す時に出る炎症や疲労物質がたまる事

言われています。

 

 

疲労物質=乳酸が主な物質ですが、今では乳酸は関係なく筋肉の微細炎症が原因と

言われています。

 

 

トレーニングして筋肉を鍛えますと、細胞が損傷します。

 

それを修復する時に起こるのが筋肉痛と言われています。

 

筋肉離れを経験した事のある人は分かりますが、極端にいいますと筋肉痛は

この筋肉離れの経度の物ととらえても間違いではありません。

 

 

 

 

乳酸は疲労の原因ではない

それでは乳酸はどのような働きをしているの?

 

と言いますと、乳酸は筋肉の疲労を感じる原因ではなく、

逆に疲労を解消する役割があるというのが現段階では言われています。

 

冒頭で述べた、「乳酸が溜まった」という表現は乳酸が溜まったから、

疲労を感じるという訳ではなく、逆に筋肉の回復時の再生物質と考える方が正しいです。

 

 

よく限界からが本当のトレーニングという人がいますが、これは正しいです。

 

乳酸は限界を超えた当たりから大量に出てきますし、

辛いトレーニングほど無酸素運動になりがちだからです。

 

それに筋肉が成長するのは、筋肉の細胞が断裂してそれを修復して

それが付いてまた大きな筋肉になります。

 

 

 

 

 

 

乳酸が筋肉を成長させるしくみとは?

乳酸というものは、そもそもスロートレーニングなどのような

無酸素運動により生み出されるものです。

 

乳酸は成長ホルモンの分泌を促進させる作用があります。

 

乳酸そのものでは筋肉を作成するのではなく、

乳酸が成長ホルモンの分泌を促進して筋肉の生成を促進する事になります。

 

この点から、効率よく短期間で筋肉を生成するには、

無酸素運動で乳酸を効率よく引き出す事が大切な事だといえます。

 

逆に時間をかけて運動したとしても乳酸を引き出す事が出来なければ、

短期間で筋肉を生成するのは難しいと言えます。

 

よく筋肉を作るには運動してよく食べてよく寝る事と言われていますが、

間違いではないです。

 

 

成長ホルモンが分泌されて筋肉を生成したり、修復するのは寝ている時です。

 

午後11時ぐらいから午前5時ぐらいまで

一番この成長ホルモンが分泌しやすいので、夜遅くまで起きるのは避けましょう。

 

逆に言うと短期間で筋肉を付けたいのでしたら、この時間は必ず寝るのが重要です。

 

 

 

 

まとめ

 

筋肉が付きにくいと感じているのでしたら、いま一度自分のトレーニングを

見直す必要があります。

 

乳酸を引き出すまでトレーニングしているかどうかを再確認するのも良いでしょう。

 

もしかしたら、筋肉の成長が遅いのでスピードを上げて何回も同じトレーニング

をしていませんか?

 

スピードを上げるという事は、瞬発力を使う筋肉を使っていて

自分は意識していなくても、筋肉への負担が軽くなっているかも知れません。

 

筋肉の成長が遅いのでしたら、早くするのではなく逆に遅くするよう心がけましょう。

 

遅くするという事はバーベルにしても負荷を掛けるトレーニングにしても、

筋肉に大幅な負荷を掛ける事が出来ますし、

可動域が多くなり鍛える筋肉が多くなります。

 

遅くして負荷を掛けて筋肉を傷めつける事は、より早く筋肉を付ける方法として

効果的です。

 

回数よりも質のあるトレーニングが必要です。

 

最も筋肉を早く付ける為必要なのは、カロリーです。

 

十分にカロリーを取っているか確認してみると、

どのくらいのカロリーを取ればいいのか分かります。

 

摂取すべきカロリーと同等か、それ以下でしたら短期間で筋肉を付けるのは難しいです。

 

本気で筋肉を付けるのでしたら、

必要な摂取カロリーに250~500カロリーをプラスした食事が必要で、

それに伴い十分な睡眠をとる事が大切です。

 

 

乳酸を引き出すために、無酸素運動などの質のいいトレーニングと

きちんと摂取カロリー以上のカロリーを取る事、それに加えて十分すぎる程の睡眠。

 

睡眠もトレーニングの一つだと思えば苦にはならないです。

 

 

このような色々な要素がきちんと組みあわせれば、どのような部位のトレーニングでも

必ず短い時間で筋肉を生成する事が出来ます。

 

逆をいいますと、それの一つが欠けたら短期間で筋肉を付けるのは

難しくなりますので、日々のトレーニングの中で、きちんと自分のトレーニングの

仕方や効果などを自分自身で見直す事が大切です。

 

少し前では、筋肉痛があってもトレーニングするように言われていたと思いますが、

 

今は違います。

 

筋肉痛になっているという事は組織が断裂して修復しようとしている所です。

 

この状態でトレーニングしてしまうと断裂の再生が十分に行われないで

疲労やダメージが残ってしまいます。

 

休む事もトレーニングです。

 

トレーニングだけではなく、筋肉痛や乳酸などの仕組みを100%生かすのが

短期間で筋肉を作る事への近道となります。

 

 

画像:http://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1515563152/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cDovL29zZ29vZC5qcC9wYWdlMS0xMC5odG1s/RS=%5EADBEx3Cx9pnbzasVbcVJ8dIytH3VZY-;_ylc=X3IDMgRmc3QDMARpZHgDMARvaWQDQU5kOUdjU1p1ZnlvWGxNUUk0QjcwNHdBVElLTzZnUU1BMU1nYUpzbXFZWDViQ3VQLXpvV0YxZk14QXYxekEEcAM1TG16NllXNARwb3MDNDIEc2VjA3NodwRzbGsDcnI-

画像:http://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1515563150/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cDovL2ZhdGlndWUuaGFqaW1lODg4LmNvbS9mMDE1Lmh0bWw-/RS=%5EADBKxb0CQyqVj.HmA522I_7PwWgV3w-;_ylc=X3IDMgRmc3QDMARpZHgDMARvaWQDQU5kOUdjU3BjUU1xSllwaXVxZmdrR2JyOTJsNXpXZ29vMGtzZ2dBUVNzOG42SnRfRlEtbHVsR0xON2Z3QVEEcAM1TG16NllXNARwb3MDMTIEc2VjA3NodwRzbGsDcnI-

画像:http://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1515563283/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cHM6Ly9uYW5haXJvLmpwL2hlYWx0aC9jb25kaXRpb24vaGVhbHRoXzI2Nzk3Lw–/RS=%5EADB0nIugduMPBg85M3nTDEg1X85bmM-;_ylc=X3IDMgRmc3QDMARpZHgDMARvaWQDQU5kOUdjUlJXWGJSN2REVkZ3NnA1M0dCTnd6MlNJRG1FOTlLeE9Nc1RIMHJoa2tzWGQxZjBBSWtfcXBvSWNOQwRwAzVMbXo2WVc0NTVheTVZcTA0NEd1NVk2ZjVadWc0NEduNDRHdjQ0R3E0NEdFBHBvcwM0NQRzZWMDc2h3BHNsawNycg–

画像:http://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1515563369/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cDovL2tpbm5pa3ViYWthLmNvbS9uZXdzL2FyY2hpdmVzLzUzOTI-/RS=%5EADBg9A.m1huAX_6NxrcikhAy3Y4dKA-;_ylc=X3IDMgRmc3QDMARpZHgDMARvaWQDQU5kOUdjUUtVOHdIOE9URlM2cHhsbVFiMklrYkhremhJQmVFaEF2Y2dJd2t5eThrV3VrUHRfX3NodzZxNHcEcAM1TG16NllXNDQ0Q0E1NjJMNklLSgRwb3MDNwRzZWMDc2h3BHNsawNycg–

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です