筋トレに必要な植物酵素を摂るなら豆?おすすめの食べ物をご紹介

今からムキムキボディになる!

こんにちは!マスターです!

シャワーを浴びたあと、自分のガリガリボディを見てため息をついている方はいませんか?

「オトコらしい体になりたい」そう思い立ったが吉日。やる気とパワーさえあれば、どんなガリガリボディでも逞しい細マッチョに変身できます。

細マッチョになると「女の子からモテる」「自分に自信がもてる」など仕事もプライベートも十二分にうまく進みます。

オンとオフどちらもうまく行くなんて、こんなに素晴らしいことはありませんよね?

憧れのマッチョ体型が手に入れば、毎日もハッピーに過ごせます。

憧れの細マッチョ体型になるためには、ハードなエクササイズと栄養価の優れたフードをバランス良く摂取するのが大切です。

どちらか一方が欠けていても、思い描いているようなスーパーヒーローにはなれません。

短時間で筋肉をパワーアップさせたいなら、テレビCMでもお馴染みの「植物酵素」がオススメです。

今回は85種類の野菜パワーが入った「植物酵素」のご紹介をさせていただきます!

植物酵素を筋トレ用に摂取するなら豆?理由は?

画像引用:https://www.amazon.co.jp/%E4%BA%95%E8%97%A4%E6%BC%A2%E6%96%B9%E8%A3%BD%E8%96%AC-%E3%83%93%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%AB-%E6%A4%8D%E7%89%A9%E9%85%B5%E7%B4%A0%E9%BB%92%E9%85%A2%E9%A3%B2%E6%96%99-720mL/dp/B00JB2OT2S

マッチョになりたい男性必見、ヒットを飛ばしているのが「植物酵素」です。

1日わずか1粒飲むだけ、不足しがちな栄養素の恵みを短時間で吸収できます。

リンゴやキャベツ・ニンジンなど日本に古くからある野菜や果物をバランスよく取り入れているため、野菜が苦手な方でも安心していただけます。

ヨーグルト1個分の乳酸菌もプラスされていて、腸内環境を整えることもできますよ。

トレンドの植物酵素の吸収をもっと高めたいときには「植物性のタンパク質」と組み合わせるのがオススメです。

お互いの長所を消しあわない植物性タンパク質は、酵素の働きをグンと高めてくれます。

なかでも納豆やきな粉・豆腐などの大豆製品には、筋トレ時の骨の修復をサポートする優秀成分が入っています。

乱れた血流をサラサラにし持久力をアップさせてくれるため、毎日の食生活に積極的に取り入れたい栄養素です。

植物酵素を接種するおすすめの食べ物は?

画像引用:http://health-good.jp/yasai-daizu-yobo/

・納豆、豆腐、きな粉などの大豆製品

・味噌汁、漬け物などの発酵食品

・赤身のビーフ、卵などのタンパク質

植物酵素と筋トレを両立したいなら、相性のイイ食べ物を知っておくことが大切です。

先ほどご紹介した納豆やきな粉などの大豆製品のほかにも、植物酵素のパワーを高める食品は多数あります。

味噌汁や漬け物などの発酵食品は「体の免疫力をアップ」「代謝を促進する」嬉しい働きがあります。

植物酵素とミックスさせると、新陳代謝がアップし脂肪が効率的に筋肉に変わるため、よりムキムキの体に変身できます。

また植物酵素にプラスすべき食品に赤身のビーフや卵などが挙げられます。脂肪が少ない赤身タイプの肉は、プロのアスリートも好んで食べるミラクル食材です。

良質なタンパク質が豊富にとれるため2~3日に1回は食べておくのが理想です。血液のもとである鉄や亜鉛などの栄養素も入っているため、強靭なボディづくりに役立ってくれます。

植物酵素を接種するタイミングは?メニューは?

画像引用:http://www.beatletracks.com/supplement/timing/

植物酵素などの良質なサプリを飲むときには、そのタイミングや時間帯に気を配ることが大切です。

植物酵素は1日あたり1粒が推奨されています。たくさん飲んだからといって効果が2割増し3割増しになることはありません。

飲みすぎると副作用の恐れもあるため、注意書きの指示に従うことが大切です。

筋トレと併用しながら植物酵素を飲むとき、一番オススメのタイミングは「運動前」です。

直前だとボディ中に酵素の栄養が回りきらないことがあるため、できるなら運動の30分~40分前が最適です。

運動前に植物酵素を飲むと、代謝機能がアップします。めぐりの良いカラダになれるため、グングン要らない脂肪が燃やされていきます。

酵素のチカラで燃焼系のボディになれるため、キレイで見栄えの良い筋肉が簡単に手に入ります。

先ほどご紹介した納豆と植物酵素、きな粉ミルクと植物酵素、赤身のビーフと植物酵素など大豆製品やタンパク質を重視したメニューを組み合わせるのがオススメです。

万が一仕事やプライベートの用事で運動や筋トレを休む日は「夕食前」に植物酵素を飲んでおきましょう。

朝昼晩一番カロリーの高い夕食前に、植物酵素を飲んでおくと食べたもの・飲んだものがそのまま筋肉の源になりやすくなります。

まとめ

細マッチョにステップアップするための、植物酵素の飲み方をご紹介しました。

和食の定番・豆腐やがんもどき・おからなどの大豆製品は筋トレを効率よくサポートしてくれます。

がんもどきやおからは調理が難しいため、オススメはそのままガッツリ頂ける納豆や豆腐。

低カロリー高タンパクの大豆製品は植物酵素との相性もよく、パワフルな筋肉を養ってくれます。

腸内環境をスッキリ整え、骨密度をアップさせる大豆製品は健康的なボディに欠かせない栄養素です。

短時間で細マッチョ体型になれる植物酵素とミックスさせて、女の子から黄色い声が飛ぶスペシャル体型を目指してください。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です