筋力と持久力の違いとは?同時に上げるトレーニングはある?

今からムキムキボディになる!

こんにちは!マスターです!

 

筋肉の力と書いて、「筋力」ですが、

筋力についてあまりご存知ではない方も多いのではないでしょうか?

 

そして、「持久力」についても、よく耳にするかと思いますが、

筋力と持久力の違いについても、気になりませんか?

 

今回は、トレーニング雑誌などに良く出てくる言葉の

筋持久力についても触れていきたいと思います。

正確な意味を知っておきましょう。

 

 

 

筋力と持久力の違いとは?

 

 

筋力持久力の違いを知るために、まずは「持久力とは何か」を知っておきましょう。

 

持久力とは「酸素を体内に取り込む力」と要約することができます。

 

体を動かすためには、エネルギーが必要になります。

 

運動をする時は呼吸をして酸素を体内に取り込み、

血液中の糖質や脂肪を分解しエネルギーにしています。

 

つまり持久力を高めるということは、

たくさんの酸素を体内にとりいれられるようにトレーニングすることを意味します。

 

 

持久力を数値化するための指標として「最大酸素摂取量」があります。

 

最大酸素摂取量は、体重1kg当たりで1分間に取り込める酸素量のことです。

 

最大酸素摂取量が増えると、体内の糖質や脂肪などのエネルギー源を

たくさん使えるようになります。

 

ここまで読んでみて分かる通り、

持久力酸素を利用して運動するために必要な能力ということです。

 

つまり「有酸素運動」をするためには持久力が欠かせなくなります

 

トレーニングをして最大酸素摂取量を増やすことができれば、

有酸素運動を長く疲れずに行うことができます。

 

例えばマラソンなどの長距離走で好成績を上げるためには、

最大酸素摂取量を増やすためのトレーニングが不可欠です。

 

 

一方で筋力は、「筋肉の力」の意味で用いられます。

 

重い物を持ち上げられる筋肉の力や、

長く強い力を出し続けられる筋肉の力のことを指します。

 

筋力をふたつに分けると

「筋持久力」

「最大筋力」

分けることができます。

 

筋持久力は、筋力を長時間継続して出すために必要な能力を指します。

 

例えば100m走をする時に、途中で筋肉が疲れてしまい、

最後まで継続してパワーを発揮できないと困ります。

 

筋持久力がなければ、ほとんどのスポーツで結果を残すことはできません。

 

 

また最大筋力が弱い場合、例えば100m11秒で安定して走り切ることができても、

10秒を切るスピードがない可能性があります。

 

最大筋力が弱ければ、良いパフォーマンスをすることができません

 

 

 

筋力と持久力を同時に上げるトレーニング方法はある?

 

 

このように筋力筋肉のパワーに関連する能力で、

基本的には無酸素状態で行う運動能力になります。

 

一方、持久力「酸素摂取量」に関する能力で、有酸素運動の能力に直結します。

 

ただしこのふたつの能力は、同じように語られることが多いです。

 

特に持久力という言葉は、筋力の要素のひとつ「筋持久力」

同じように見られることがあります。

 

持久力筋持久力の区別するためには、

持久力を要する運動が有酸素運動か無酸素運動かをイメージすると良いでしょう。

 

筋トレの場面の持久力なら「筋持久力」

ランニングや水泳などの有酸素運動に必要な持久力なら「持久力」

だと考えるようにしましょう。

 

さて筋力と持久力を同時に鍛えることは可能でしょうか。

 

それは有酸素運動と無酸素運動を同時に行うようなトレーニングをすると可能です。

 

例えば「ダッシュ」筋力と持久力を同時に鍛えることができるトレーニングです。

 

例えばプロのアスリートの場合、100m走をする時は基本的に無酸素運動

として行います。

 

つまり基本的に呼吸をせずに最初から最後まで走り切ることができるのです。

 

オリンピックに出場するようなランナーなら200mまでは

ほとんど呼吸をせずに走り切ると言われています。

 

一方で800m走をする時は「中距離走」になります。

 

呼吸をして走ることを前提としているため持久力が必要になります。

 

その中間の400m走は、良く「無酸素運動と有酸素運動の中間」と言われます。

 

ほとんど無酸素運動として走るのですが、

持久力がないと結果を残せない距離ということです。

 

一般の人がトレーニングをする時にも、ほとんど呼吸をせずに走れるけれど、

呼吸をしないと走り切れない距離をみつけて、ダッシュを繰り返してみましょう。

 

そうすることで、筋力と持久力を同時に鍛えることができるでしょう。

 

 

 

持久力と筋肥大はどう影響するの?

 

 

100mランナーは一般的にマッチョで、筋肉質な体型です。

 

一方でマラソンのトップランナーは、必要な筋力以外は身につけていません。

 

最大筋力と筋持久力がたくさん欲しい100mランナー

筋肥大を狙ってトレーニングをするのは当然でしょう。

 

一方でマラソンランナー最低限の筋肥大しか狙わないのはなぜでしょうか。

 

実は同じ酸素摂取量の場合、つまり同程度の持久力の場合は、

身体が軽い方が効率的に身体を動かすことができます。

 

同じ持久力なら体が軽いほうが有酸素運動には有利になります。

 

筋肉は重いので必要以上に筋肥大をすると、持久力が必要な競技には不利に働きます。

 

つまり筋肥大と持久力は反比例することになります。

 

ただしこれは純粋な持久力に関してで、「筋持久力」の場合ではありませんので、

混同しないようにしましょう。

 

 

 

まとめ

 

筋肉と持久力の違い、さらには同時に鍛えるトレーニング方法について見ていきました。

筋トレと有酸素運動の境目を狙ってトレーニングをすると、

持久力を上げること、筋肥大を促すことができ、

効果的に両方の能力を高めることができるでしょう。

 

 

画像:http://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1510888043/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cHM6Ly93d3cuMW1vcmUudG9reW8uanAvJUU1JTgwJThCJUU0JUJBJUJBJUUzJTgxJUFFJUUzJTgxJThBJUU1JUFFJUEyJUU2JUE3JTk4JUUzJTgxJUI4LyVFOCVCQSVBQiVFNCVCRCU5MyVFNiVBOSU5RiVFOCU4MyVCRCVFMyU4MSVBRSVFNSU5QiU5RSVFNSVCRSVBOS0lRTUlOTAlOTElRTQlQjglOEElRTMlODElQjgv/RS=%5EADBgJrZP_uGfsvsA33Qslz2U03KZUE-;_ylc=X3IDMgRmc3QDMARpZHgDMARvaWQDQU5kOUdjUjV2RTJoMklwM2NqNUw5MTYta3MyZF9nb3NVdnB0ZzFobjQtaTM4T2Nwa3hCR0ZtMnIwbDNpenpzBHADNTYyTDVZcWI0NEdvNW95QjVMbUY1WXFiBHBvcwMxNQRzZWMDc2h3BHNsawNycg–

画像:http://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1510888120/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cHM6Ly9vbGl2YS5zdHlsZS84Mzkv/RS=%5EADB35ybpUzbGsx93DMvDXRjXt7jCKI-;_ylc=X3IDMgRmc3QDMARpZHgDMARvaWQDQU5kOUdjU00xSVd4Q0ZJQ3BOWnZKUl9BNHlZc254MXBHUjVnMndieFlqaXdaTmZIQml3MmJVWGliUzZIUXI2YgRwAzU2Mkw1WXFiNDRHbzVveUI1TG1GNVlxYjQ0R3U2WUdWNDRHRQRwb3MDNTYEc2VjA3NodwRzbGsDcnI-

画像:http://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1510888263/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cDovL3d3dy5zYW5rZWkuY29tL3Bob3RvL3N0b3J5L25ld3MvMTYwODE1L3N0eTE2MDgxNTAwMjItbjEuaHRtbA–/RS=%5EADB_7cuNLzVQUUWh3cZkjJs.1gpE3g-;_ylc=X3IDMgRmc3QDMARpZHgDMARvaWQDQU5kOUdjU0tzdUdyb1NMbGdvamVjcWhyRDk2UFpGb2RCcFp6djBiR3dGdjVRRjB1aUxNT3c4Nk1pbGx4MmFWUwRwA05EQXc3NzJONkxXdwRwb3MDMwRzZWMDc2h3BHNsawNycg–

画像:http://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1510888368/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cDovL3lhc2V0YWlkaWV0aG9ucG8uY29tL295YWt1ZGF0aS9raW50b3JlL3Nva2ludGlraW4uaHRtbA–/RS=%5EADBWA.2bprb3SMNkDLUB8H4u3y1KfQ-;_ylc=X3IDMgRmc3QDMARpZHgDMARvaWQDQU5kOUdjUkxFeFFPTTA4NjNnM3JIQ2VoV0drWmExTGZLcXZ1VjduR1pOQUo0WGRUUjkwNHN2LUxxcFJxOVE0BHADNTYyTDZJS2w1YVNuNDRLazQ0T3A0NEs1NDRPSQRwb3MDNwRzZWMDc2h3BHNsawNycg–

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です