筋肉増量の計算は?食事・時間・負荷を管理するためには

kinniku

今からムキムキボディになる!

こんにちは!マスターです。

 

筋肉量を計画的に増やしていきたい。

 

数学のような計算は苦手だけど、どのように、スケジュール管理をして、自分の目標とする体形を手にしたらよいのか。

このように考えている方もいらっしゃるかもしれません。

 

今回は、筋肉増量の計算をメインにまとめました。

筋肉増量の計算はどのようにしたら良い?

 

筋肉増量の計算は、食べる量×その時間と言う単純なものではありません。

 

筋肉増量とは、筋肉細胞のひとつひとつがたくましく豊かになることです。

そのためには、細胞のひとつひとつが元気になり、栄養を豊かに蓄えるようになることが必要です。

 

新陳代謝が高まり、血流が改善し、良い食事をちょうどいい量として定時に食べることです。

 

その上で筋肉増量の仕組みが整ってきます。

それは、筋肉に定期的な電気刺激、つまり刺激有る運動を加えていくことです。

 

神経線維には微弱ながら電流が流れていて、その運動を地面や器具といっしょに、筋力や骨に振動・運動を与えていると、筋肉細胞自身が成長するのです。

 

これは、常時ハードな肉体労働者がたくましい身体をしていることと同義です。

筋肉増量の食事・時間・負荷を管理するには

 

筋肉増量の為の、食事と、時間そしてその良的な負荷となる運動を提供するには、いくつか、コツになる計算があります。

 

まず、定期的な運動を毎日、一カ月繰り返すこと。

 

これはダイエットにおいても基本なのですが、一カ月当たりの体重計を確認し、覚えておくといいですね。

 

そして食事ですが、一日当たりカロリー数の合計を確認し覚えておくことが大切です。

 

そして負荷に関しても、ある程度のセットの運動がこなせるようになればよりハードな訓練へとステップアップできます。

 

ですので、最初の訓練の導入期から徐々にトレーニングの負荷を強めていって、筋肉増量のスケジュール合わせつまり短縮された時間内での運動が可能になります。

 

運動状況の筋肉への負荷量は、筋肉の熱量として計算されますので、気温に応じた変化はありますが、肉体感覚的には筋肉が熱くなってきた状態がひとつの目安です。

 

そして、それ以上の連続的な筋肉への負荷は、筋肉細胞が壊れる恐れがあるので、筋肉の痛みまで及ぼす訓練はしないことです。

増量の管理は増量アプリがおすすめ!

 

筋肉増量の管理は増量アプリが有効とされています。

これは、ウェアラブル形式の最新のものがありますが、スケジュール管理表としてのユーザーになる事もひとつのポイントです。

 

今の時間の筋力トレーニングの方法と、そのタイミングについておしらせしてくれるだけでも有効なのです。

 

その際は自ら決めたスケジュールのプランに沿う形や、そのトレーニングプランの組み方などを、専用のアプリで、入力後出力をだしてもらうなどの利用をすると効果的でしょう。

 

時間管理としても、あらゆるトレーニングのインターバルの仕組みや酸素の流入状態、そして、カロリー消費をあえてシステム化することで、自分のトレーニング状況が一目瞭然となります。

 

忙しいライフスタイルのひとによっては、最適な一日や月間のスケジュールプランとなるでしょう。

まとめ

 

筋肉増量の計算は、あえて、目標値を数字で出そうと思っても難しい局面があります。

 

ようするに、太っていなくて、身体ががっしりとした状態。

 

筋肉質であるボディということが目標になるはずです。

 

それは、いわゆる、鏡で自分の身体をチェックするという、アナログ的な目視が一番手っ取り早くあります。

自分の体形を鏡でチェックして、それを認識する。

 

そして、その上で、一週間前よりも自分の体形が改善したというのは、マッスルライフスタイルの悦びになるのです。

 

それはダイエットにも共通したことですが、現在の自分の状態、つまり筋肉量を直視することで、次へのステップを踏める訳です。

 

そして、その現在の状態を確認するのに、体重計やアプリを大いに活用するのは得策です。

 

結局、自分の今の状態からの脱却は現実をしり、それを克服していくという、パーソナルモチベーションの表れなのです。

その上での、栄養の摂り方であり、スケジュール管理とトレーニングへの努力という順序になります。

画像:http://365-risounonikutai.com/syokuzi/caloriecontrol.html

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です