筋肉痛の治し方!ふくらはぎ編・ストレッチ方法も紹介!

今からムキムキボディになる!

こんにちは!マスターです!

 

筋肉痛でスムーズに歩くことが出来ずつらい経験をした!

と言う方は多くいらっしゃるのではないでしょうか?

 

とくに、ふくらはぎに筋肉痛が起きてしまうと、

そのような状況に陥りやすいです。

 

筋肉は、硬化した後、痛み始めます。

 

今回は、ふくらはぎ筋肉痛が起きてしまう原因と、

ふくらはぎの筋肉痛の治し方を説明します。

 

 

 

筋肉痛がふくらはぎに起こる原因は?

 

 

筋肉痛ふくらはぎに起こる原因は、筋肉疲労による、筋肉の硬直化になります。

 

筋肉は、慣れていないまま使い続けると、硬直します。

 

これを防ぐには、運動の前後にストレッチ体操を行う事になるのですが、

なぜ硬直化するのかについて、いくつかの説明をします。

 

 

まず、筋肉は酸素を吸っています。

 

この酸素を吸ってする運動を有酸素運動

 

 

そして、酸素が少ない状態でする運動無酸素運動と呼んでいます。

 

 

筋肉が硬直するのは、その経過後に筋肉痛を引き起こしますが、

それ以前の運動の状態で、無酸素で酷使した状態で、筋肉痛が激しくなるわけです

 

つまり、筋肉細胞が破断している状態です。

 

 

とくにふくらはぎと言うのは、ジョギングやウォーキングに重要な箇所で、

有名な筋肉でヒラメ筋というものが付いています。

 

 

この筋肉はかかとを引き上げる際に、何回もの運動を繰り返しています。

 

 

なので、ジョギングのさ中、血流状態が悪く、酸素呼吸も優れていないと、

硬直化の後、筋肉痛が起こります。

 

 

特に、ウォーキングなどの有酸素運動ならまだしもですが、

無酸素運動の筋トレや、ボディビルの初心者にとっては、いためやすいところでしょう。

 

 

 

ふくらはぎの筋肉痛の治し方!

 

 

ふくらはぎの筋肉痛の治し方は、その運動の直後に揉むことです。

 

揉みほぐすといったことばが適当です。

 

 

ふくらはぎの上部から、下に向けて、ちょうど、両手の指を重ね、

体操座りのまま上部から下部にかけて、もみ下ろしていきます。

 

 

これは、血流が末端細胞まで向かうようにと言う理論になります。

 

 

その上で、弱った筋肉細胞に血流と酸素を運び込みます。

 

ですから、運動の前後でのストレッチ中の呼吸法は大事です。

 

深く吸って静かに吐き、酸素をふくらはぎに供給していくようにします。

 

もちろん、運動中でも呼吸法を行っているのが、一番効果的です。

 

気道に空気が良く通るようにしておきます。

 

運動後については、深く息を吸ったり吐いたりして、リラックスしながら、

床に座りながら、ふくらはぎを揉みほぐしていきます。

 

ちょうど、リンパの辺りに筋肉疲労物質が溜まるので、

脚をぶらんぶらんさせるなどして、リンパに疲労物質を吸収を

させるようにします。

 

緩急をつけて行うと効果的です。

 

 

 

ふくらはぎの痛みを楽にするストレッチ方法は?

 

ふくらはぎの痛みの治し方よりも、やはり、事前のストレッチによる緩和法

の方が優れているのは事実になります。

 

そのために、ふくらはぎのヒラメ筋を伸ばす運動を繰り返します。

 

筋肉が無酸素の状態になるのを防ぐには、呼吸法も大事ですが、

筋肉の間に張り巡らされた、血管の力も重要になります。

 

この血管自身が細胞に、血液を送り込むその面脈なパワーづくりが重要です。

 

そのため、ストレッチを何回も繰り返し、その準備の出来た体で、

ハードトレーニングをするのが望ましいのです。

 

血管に酸素と、栄養・水分が充分に行き届いたふくらはぎであれば、

あらゆるスポーツに対応できるでしょう。

 

過度の負担をヒラメ筋に強いるトレーニングは、

筋肉痛も起きてしまいますし、運動の持続自体難しいでしょう。

 

ふくらはぎを痛めないためには、まず体重コントロールも必須の条件です。

 

アキレス腱を伸ばす運動も必要ですが、脚を直角に前に伸ばすヨガも有効です。

 

筋肉と腱伸ばしきる運動と、足首を含めたひねるぎりぎり

ストレッチ体操が筋肉痛を予防するでしょう。

 

 

そして、重ねて繰り返す練習によっても、血管が鍛えられますので、

筋肉痛は徐々に減っていきます。

 

 

 

まとめ

 

スポーツは慣れてくると、自然に体が動くようになります。

 

そして、筋肉痛の類も、慣れてくると、それほどありません。

 

その際は、骨折や関節炎の損耗に気づかう事になります。

 

筋肉痛のことを問題にするのは、初期の場合にのみにおいてです。

 

ただし、筋肉痛の問題で、トレーニングを継続できないとなると、

三日坊主での訓練で、意味が無くなってしまいます。

 

ですから日常の中で、脚を伸ばす、縮める運動を入念に意識的に繰り返すことです。

 

脚は使用していなければ、疲弊していき、急激な筋力運動を行えなくなります。

 

常日頃からの、脚に力を入れたり、力を抜いたりを心掛けると良いでしょう。

 

ふくらはぎの部分は、ウォーミングによっても、疲労が軽減します。

 

温めたまま、脚をだらんとテーブルにでも上に乗っけて置いたり、

椅子に載せる事も、血流と同時に、リンパへの疲労物質の降下という意味で重要です。

 

だらんだらんとさせることと、しっかりと筋肉運動の前後に呼吸を整える事、

そして、血管の力の増大を目指しましょう。

 

脚を上にあげる運動は、周囲に何もないことを確認したうえで、

日々行うと気分的にもリラックスできますよ。

 

 

画像:http://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1512010306/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cHM6Ly9raW50b3JlLW1hc3Rlci5jb20vMjUv/RS=%5EADBha_R3UHMSrDLT6VC4L7b0y.US8M-;_ylc=X3IDMgRmc3QDMARpZHgDMARvaWQDQU5kOUdjUXUtbWV2ZFhEZlI4bHJveUxjbG9TTU1zbWVRT2FLVnpUSG9DN09wRWdHRGdnWjVGS2dkZnV1VWxmMQRwAzQ0RzE0NEdQNDRLSjQ0R3Y0NEdPNDRHdTU2Mkw2SUtKNTVlYgRwb3MDNDQEc2VjA3NodwRzbGsDcnI-

画像:http://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1512010306/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cHM6Ly9vb3BzLXJlbWVkeS5jb20vYXJjaGl2ZXMvMzY4/RS=%5EADBmHgpSyC3VOBS5TdMJsh8otrTGUY-;_ylc=X3IDMgRmc3QDMARpZHgDMARvaWQDQU5kOUdjUVY5TURaT2xGWFNsZzhlTm9JNEJ3dHZld1AxYlFDRlUyVDZFbjdHTUF4QU54UWdMWVpLR0lmV2E4BHADNDRHMTQ0R1A0NEtKNDRHdjQ0R080NEd1NTYyTDZJS0o1NWViBHBvcwM1MwRzZWMDc2h3BHNsawNycg–

画像:http://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1512010441/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cDovL3JpaGFreW9rdS5jb20vZ2FzdHJvLXBhaW4tNW1pbnV0ZXMtN3RyZWF0bWVudC8-/RS=%5EADB5R5q_7OlUMLJA57vULE3C5PgdWA-;_ylc=X3IDMgRmc3QDMARpZHgDMARvaWQDQU5kOUdjU0l3Qmd1NFotQlRRRG1WVWNZQkxoZV9FdmVFNmVnMms0RFdMRDd0ZGdZUGJzcXRjZjRtUEJIV3BYbARwAzQ0RzE0NEdQNDRLSjQ0R3Y0NEdPNDRHdTU2Mkw2SUtKNTVlYjQ0Q0E0NE9lNDRPRDQ0SzE0NE84NDRLNARwb3MDOQRzZWMDc2h3BHNsawNycg–

画像:http://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1512010514/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cHM6Ly9hcnVrb3Uud3AteC5qcC9jYWxmYW5kYW5rbGVleGVyY2lzZS8-/RS=%5EADB3tOHLimCLqfTHmUW1zwhye6jXag-;_ylc=X3IDMgRmc3QDMARpZHgDMARvaWQDQU5kOUdjVHJqZ2xOV1dTOC12WG9UZm9tbjdhb05WZVNQYUtGOUhsUGZfb2NpMDNZWEFSTVYzZ18xcVpiVVF3BHADNDRHMTQ0R1A0NEtKNDRHdjQ0R080NEd1NDRLNTQ0T0k0NE9zNDRPRDQ0T0IEcG9zAzU1BHNlYwNzaHcEc2xrA3Jy

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です