筋肉と肉離れは関係する?早く治す方法は?

今からムキムキボディになる!

こんにちは!マスターです!

 

そういえば、細マッチョになるためには、筋トレが大切ですが、

あまり激しく筋トレをしてしまうと、肉離れを引き起こす可能性がありますから、

十分注意する必要があります。

 

筋トレを始めると筋肉痛が起こりますが、筋肉痛というのは筋肉が凝り固まっている

状態で、筋肉を動かす電気信号に、異常が生じています。

 

また、筋肉に血液を送り込む血管に、障害がでているような場合にも

痛みを引き起こすことがあります。

 

筋肉痛は、通常1週間程度で徐々に治まっていきますが、

相当痛みが継続しているような場合には、肉離れの可能性がありますので、

早期に治療を行う必要があります。

 

今回は、筋肉と肉離れについてご紹介させていただきます!

 

 

 

 

筋肉と肉離れの関係性は?

 

 

筋トレ急激な運動を行うと、筋肉痛が起こります。

 

通常、アウターマッスルの筋肉痛は1週間インナーマッスル数週間

治まっていきますが、痛みが長期間継続したり、

運動直後に激しい痛みが現れたような場合には、肉離れの可能性も考えられます。

 

 

肉離れというのは、筋肉が強く収縮されるために、

筋線維の一部に損傷が生じたもので、発生直後から痛みがあり、

歩行が困難となってしまいます。

 

 

筋肉痛は、運動によって傷ついた筋線維を修復しようとするときに起こる痛みで、

普段使っていない筋肉を使いすぎたような場合に顕著に現れますが、

あくまでも一時的な痛みとなります。

 

 

一方、肉離れは、筋肉の瞬間的な収縮が過度に現れることで発症し、

運動直後から痛みを感じるのが特徴となっています。

 

 

筋肉痛は、全体的に痛むのに対して、肉離れは局所的に痛むという違いがあります。

 

 

肉離れが起こった場合、まずは安静にすることが大切です。

 

肉離れは筋肉が炎症をおこしている状態ですから、アイシングをしましょう。

 

2から3日経つと、炎症が治まってきますから、今度は温熱療法として、

温めて血行をよくすることで、回復を早めることができます。

 

 

 

 

肉離れを早く治す方法は?

 

肉離れは、伸びている筋肉に急激な負荷がかかってしまい、

筋肉が強く収縮する事で起こる、筋肉の断裂障害です。

 

筋肉を損傷してしまっているため、直後から激しい痛みを伴い、

歩行困難に陥ってしまいます。

 

特に、ふくらはぎや太股というのは、筋肉が発達していますから、

肉離れが起きやすい部位で、最低でも1から2週間安静にする必要があります。

 

 

肉離れは、筋肉が硬くなっていると、伸ばした時に切れやすくなってしまいます。

 

ですから、運動や筋トレを行う前には、しっかりと柔軟を行うことが大切です。

 

また、加齢やしばらく運動をしていなかった場合には、筋力が低下してしまい、

いきなり運動をすれば衰えていた筋肉に負荷をかけることになり、

肉離れが起こります。

 

 

軽度な肉離れの場合、部分的に小さな範囲で筋肉の断裂が起こっているため、

痛みはありますが、しばらく安静にしていれば、自然に治癒が見込まれます。

 

 

中度の肉離れの場合は、部分的に筋肉が分裂している状態で、

動かすと痛みが強くでるため、自力で歩行を行うことが難しく、

日常生活にもししょうがでる場合があります。

 

 

重度の肉離れの場合は、完全に筋肉が分裂している状態ですから、

直後から強い痛みが現れ、歩行だけではなく動かすことも困難になってしまいます。

 

 

このような重度の肉離れになると、回復するにも時間がかかってしまいます。

 

できるだけ早く医療機関を受診して、適切な治療を受ける必要があります。

 

肉離れを早く治すためには、安静にしてアイシングをするというのが基本です。

 

軽い肉離れの場合は、2日程度アイシングして固定し、安静にしていれば痛みも

引いていきます。

 

ただ、痛みが引いたからといって、すぐにまた運動や筋トレをしてしまうと、

肉離れを繰り返すおそれがありますから、しっかりと治すのが肝心です。

 

 

重症な肉離れの治療法に、立体動態波刺激療法というものがあります。

 

この治療法は、電流を3次元的にクロスさせることで、複雑な干渉を発生させて、

患部の治療を立体的に行うことができます。

 

深層から表層にまで効果を発揮してくれますので、早期回復も可能となります。

 

 

 

 

肉離れを再発させないためには?

 

 

肉離れは、適切な治療や対策をとらないと、くせになりやすく再発してしまいます。

 

ですから、初期に適切な治療を行い、損傷部の回復程度を自分でも適切に把握し、

正しい対策をとることが大切です。

 

肉離れは軽度なものから重度のものまでありますが、この重症度を正確に把握して、

初期に適切な治療を行うことが大切です。

 

また、筋肉がきちんと回復したことを確認してから、復帰させることで、

再発を抑えることができます。

 

 

 

 

まとめ

 

肉離れは急激に筋肉を収縮させることで起こります。

 

また、気温の低さや、体が温まっていない、柔軟不足などいくつかの原因によっても

発症してしまいます。

 

筋線維の柔軟性が低いほど、肉離れになる可能性が高まってしまいますから、

筋トレや運動を行う前には、しっかりと柔軟を行うことが大切です。

 

 

画像:http://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1513044724/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cDovL2thcmFkYWsuY29tL25ld3NmZWVkLyVFOCU4MiU4OSVFOSU5QiVBMiVFMyU4MiU4Qy8-/RS=%5EADBFUm_D30DrSnM0L.CsjPCCrWVY80-;_ylc=X3IDMgRmc3QDMARpZHgDMARvaWQDQU5kOUdjVGF5b2VUOGpvOWJBR3ZXR1gwVlBVNVZ2QmVUc0EwUTNWdk5qR0UtNlFrRkl5X25BMWhzOVM3SmRPZARwAzU2Mkw2SUtKNDRHbzZJS0o2WnVpNDRLTQRwb3MDNTQEc2VjA3NodwRzbGsDcnI-

画像:http://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1513044724/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cHM6Ly9hbGxhYm91dC5jby5qcC9nbS9nYy8zODY3ODUv/RS=%5EADButB6WgGW9Mly4CceZ.f2poFhFWs-;_ylc=X3IDMgRmc3QDMARpZHgDMARvaWQDQU5kOUdjVHNTSWp1SWtuRUFYZlRkRFBwdjBiLW5XNHgzaHhxTHF6TE1ud2VHNExtMmtaWG1yZVUtUE1CQ29nBHADNTYyTDZJS0o0NEdvNklLSjZadWk0NEtNBHBvcwMyNwRzZWMDc2h3BHNsawNycg–

画像:http://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1513044955/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cHM6Ly9yYW5ydW4uanAvaGVhbHRoY2FyZS9waHlzaWNhbGNhcmUtMTYwNzI1/RS=%5EADBKNBAVqSNsqDSuy9lgvZvDD76ftE-;_ylc=X3IDMgRmc3QDMARpZHgDMARvaWQDQU5kOUdjUmp1LV8teC1iMDVZMUhIdEROZnhNSjdrNWZ1NGVLVE53TlpRblY3RVRGRFhHNUtFTk1RMkRybUVnBHADNTYyTDZJS0o0NEd1NDRLaTQ0S2s0NEszNDRPejQ0S3cEcG9zAzI1BHNlYwNzaHcEc2xrA3Jy

画像:http://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1513045021/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cDovL3d3dy5kZXByZXNzaW9uaXNjdXJlZC5jb20vc2FpaGF0dWJvdXNpLmh0bWw-/RS=%5EADBpejZ7un7kghaFs8N9SkmbxckLl0-;_ylc=X3IDMgRmc3QDMARpZHgDMARvaWQDQU5kOUdjUTlCbS11MHF3ZGU3UFhVZkQwcTNaWUo5RHdTb0tLSVkxcGNoQ2Zkc0preTNlUjVMeHNnY2luS2cEcAM1WWFONTVtNjQ0R1Y0NEdiNDRHcTQ0R0U0NEdmNDRLQjQ0R3I0NEd2Nzd5ZgRwb3MDMTMEc2VjA3NodwRzbGsDcnI-

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です