インナーマッスルの筋肉痛とは?対策は?

今からムキムキボディになる!

こんにちは!マスターです!

 

そいういえば、あこがれの細マッチョになるためには、

筋トレが必要ということは知っている人も多いと思いますが、

ただ単に筋トレを行うのではなく、インナーマッスルを鍛えることが重要です。

 

インナーマッスルは、身体機能も大きく左右するもっとも重要な筋肉で、

体の内側から強い肉体へと仕上げていくことができますから、

細マッチョにするためには、積極的に取り組みたいところです。

 

ですが、インナーマッスルにも筋肉痛があることをご存知でしたでしょうか?

今回は、インナーマッスルの筋肉痛についてや、対処法などを

ご紹介させていただきます!

 

 

 

 

インナーマッスルとは?

最近よく耳にするようになったインナーマッスルとは、

体の中心部分に近い筋肉のことで、インナーマッスルを鍛えることで、

太りにくい体をつくり、姿勢も良くすることができます。

 

 

よく体幹と混同されがちですが、体幹は体の核にあたる胴体の筋肉のことで、

インナーマッスルは、筋肉の深さをさしていますから、

胴体のインナーマッスルを鍛えることで、同時に体幹を鍛えることができます

 

 

インナーマッスルを鍛えていくと、

 

・身体機能の向上

・体の基礎代謝の上昇

・バランスの良い体に仕上げる

・血行をよくする

 

こういった効果を得ることができます。

 

 

インナーマッスルは、大胸筋や腹筋、腰回りなどの大きな筋肉の動き

サポートする働きがありますから、他の筋肉のパフォーマンスを向上させて、

身体機能をアップさせることにつながります。

 

また、インナーマッスルを鍛えることで、内側の筋肉が安定して、

内臓を元の位置に戻すことができ、臓器本来のパフォーマンスを十分に

働かせることができます。

 

そのため、自然と基礎代謝を向上し、大腿四頭筋などを鍛えスムーズに

肥大させることができます。

 

そのほかにも、インナーマッスルを鍛えることで、体の軸を安定させることができ、

鍛えれば鍛えるほど関節を正常な位置に整えることができます。

 

こうすることでけがのリスクを下げることもできますし、

短時間で細マッチョにすることが可能となります。

 

また、インナーマッスルを磨くことで、血行がよくなり筋トレに

適した体を作り上げることができます。

 

 

 

インナーマッスルの筋肉痛とは?

 

 

筋トレを開始してすぐ、原因不明の腹痛に悩まされることがありますが、

これはインナーマッスルの筋肉痛かもしれません。

 

インナーマッスルは、アウターマッスルとは異なり、

普段あまり意識する筋肉ではないかもしれませんが、アウターマッスル同様、

筋肉痛があります。

 

インナーマッスルの筋肉痛は、アウターマッスルとは異なり、

腹痛や胸焼けとにたような痛みのことが多いので、

筋肉痛だとは気づかないことが少なくありませんが、筋トレや有酸素運動をした後に、

胃の調子が悪かったり、腹痛を感じた場合には、

インナーマッスルの筋肉痛かもしれません。

 

 

 

 

インナーマッスルが筋肉痛になったときの対策は?

 

 

インナーマッスルの筋肉痛は、胃痛や腹痛と勘違いしてしまうことも

少なくありませんが、筋肉痛の場合には、胃薬を飲んでも改善しませんし、

胃の検査をしても異常は見あたりません。

 

ただ、あまりにもひどい筋肉痛の場合には、

日常生活に支障がでてしまうこともありますから、

早期に対策をとった方がよいでしょう。

 

 

筋トレを初めて筋肉痛がではじめると、筋肉が鍛えられている証拠だと思って、

そのまま筋トレを続けてしまう人もいますが、基本的に筋肉痛というのは、

筋肉が疲労して炎症を起こしている状態ですから、

治るまでは安静にして、休息をとることが大切です。

 

 

インナーマッスルの筋肉痛は、有効な運動ができている証拠といえますが、

無理にそのまま筋トレを続けてしまうと、肉離れけがの原因になって

しまいますから、ゆっくりと筋肉を休ませたり、

お風呂で体を温めて、全身の血行をよくすることが大事です。

 

 

アウターマッスルの筋肉痛というのは、長くても1週間以内にはとれることが

ほとんどですが、インナーマッスルの場合は、

長い場合数週間かかることもありますから、治るまでは安静しておきましょう。

 

ただ、あまりにも痛みが長時間続いたり、運動直後に局所的に痛みを

感じるような場合は、肉離れの可能性もあります。

 

肉離れは放置してしまうと、何度も再発してしまったり、しこりができる、

完治するまでに1年ほどかかってしまうこともありますから、

自己判断をせずに早めに専門医に相談するようにしましょう。

 

 

 

 

まとめ

 

細マッチョになるためには、ひきしまった腹筋が必要不可欠で、

そのためにはインナーマッスルを鍛える必要があります。

 

インナーマッスルを鍛えると、ぽっこりとしたおなかをへこますことができますし、

腰や関節の痛みを和らげることにもつながります。

 

また、姿勢を改善することもできます。

 

早く鍛えようと思って、筋肉痛があるにも関わらず、

そのまま筋トレを行う人も少なくありませんが、筋肉痛がある状態は、

筋肉の回復が終わっていない証拠ですから、対策としては安静にするのがベストです。

 

 

画像:http://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1512784138/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cHM6Ly9zbWFydGxvZy5qcC82MjM3OQ–/RS=%5EADB5295xIXmgwMOTuQlGAMRR7eliSs-;_ylc=X3IDMgRmc3QDMARpZHgDMARvaWQDQU5kOUdjUTRueWpLVXpleXVYRE5ZaHZwQkltWEJTNi1NOG1sdG55QVd0THN4ZlNCMUctMExFalMycnp6V1RaZQRwAzQ0S2s0NE96NDRPSzQ0Tzg0NE9lNDRPRDQ0SzU0NE9yBHBvcwM2BHNlYwNzaHcEc2xrA3Jy

画像:http://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1512784202/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cDovL2tpbm50b3JlLWhvc29tYWNjaG8uY29tLyVFNyVBRCU4QiVFMyU4MyU4OCVFMyU4MyVBQyVFMyU4MSVBRWJpZzMlRTMlODElOEMlRTglODIlODklRTQlQkQlOTMlRTYlOTQlQjklRTklODAlQTAlRTMlODElQUIlRTUlOEElQjklRTYlOUUlOUMlRTclOUElODQlRTMlODElQUE2JUUzJTgxJUE0JUUzJTgxJUFFJUU3JTkwJTg2JUU3JTk0JUIx/RS=%5EADB8QZ8rme6NIbux8h_nPH5uWGJ4OM-;_ylc=X3IDMgRmc3QDMARpZHgDMARvaWQDQU5kOUdjUmdRS3hFRmt2WWNQWXVXWmlxOFFuNGRVMFdKc2I0c3VFLW5pbHhZMGxYWm82NHdEV1p0QUlVZnJjRARwAzQ0S2s0NE96NDRPSzQ0Tzg0NE9lNDRPRDQ0SzU0NE9yNDRHdTU3U3c0NE9lNDRPRDQ0T0I0NE9uBHBvcwMyMARzZWMDc2h3BHNsawNycg–

画像:http://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1512784270/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cDovLzI0N2RpZXRlci5jb20vaW5uZXItbXVzY2xlLWhvdy10by10cmFpbi8-/RS=%5EADBLAWBhz7uqWBx_ES5SZH9GEyPOHs-;_ylc=X3IDMgRmc3QDMARpZHgDMARvaWQDQU5kOUdjVGp6MmhpazVSbFdDWnFIYmtDdkFvNUpOZTNJcjFuRXdyYmZSR0duWGdIWVBqaWsxa0FHeE9JZ19IZgRwAzQ0S2s0NE96NDRPSzQ0Tzg0NE9lNDRPRDQ0SzU0NE9yNDRHdTU2Mkw2SUtKNTVlYgRwb3MDNDMEc2VjA3NodwRzbGsDcnI-

画像:http://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1512784413/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cHM6Ly9tYWNob2RvdS5jb20vMTg5OQ–/RS=%5EADBXjMq8y8E4rjmxCxQXwjAoByfGQs-;_ylc=X3IDMgRmc3QDMARpZHgDMARvaWQDQU5kOUdjVEhPNFZ3OERXbVl0N1Y3UzNuTDViMlZLd3M4ckhXNk9veHRYbWdxc1RaRE54UlNVdndXWktQZEMwLQRwAzU2Mkw0NE9JNDRPczQ0S1M1THlSNDRLQQRwb3MDMzEEc2VjA3NodwRzbGsDcnI-

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です