ダンベルの重さの選び方!おすすめを紹介

今からムキムキボディになる!

こんにちは!マスターです!

 

そういえば、手軽に行える筋トレの代表といえば、ダンベルですね。

 

ダンベルならわざわざジムに通わなくても、

自宅でも簡単に筋トレすることができますし、

空いた時間にできるというメリットもあります。

 

ただ、ダンベルにもいくつかの種類があります。

 

そして正しい使い方をしないと、なかなか効果を得ることができません。

 

今回は、ダンベルの重さの選び方などをご紹介させていただきます!

 

 

 

ダンベルの重さの選び方!

 

 

筋トレをする人なら、誰でも使う器具といっても過言ではないダンベルですが、

適正な重さというのはどのくらいなのか、

よくわかっていない人も多いのではないでしょうか。

 

ダンベルには1キロ~30キロ程度まで幅広い重さがあります。

 

筋トレ初心者と上級者とでは、ダンベルの重さやサイズなども異なりますから、

自分にあったダンベルを選ぶことが、効率よく筋トレを続けていくためには大切です。

 

筋トレ初心者の場合、重さよりも見た目のかっこよさなどで

ダンベルと選ぶ人もいますが、最初から見た目のかっこよさだけを重視してしまうと、

持ち上げられなくて、結局使うことができないという場合も少なくありません。

 

そのため、筋トレ初心者の場合には、10キロ未満に抑えておくとよいでしょう。

 

いきなり10キロのダンベルは、持ち上げられないと思っている人も

多いかもしれませんが、重量を変化させることが可能なタイプのものを選べば、

重さを調整することができます。

 

5キロ程度であれば、力のない男性でも頑張れば持ち上げることができる

重さですから、筋トレには効果的です。

 

ダンベルというのは、上腕二頭筋を鍛えるのに効果的な器具で、

上腕三頭筋や胸筋、肩の筋肉なども同時に鍛えることができます。

 

ただこういった効果を得ることができるのは、持ち上げることができることが大事で、

持ち上げることができなければ意味がありません。

 

そのため、初心者の人は、5キロ程度のものを選ぶことをおすすめします。

 

 

 

ダンベルのおすすめは?

 

 

ダンベルというのは、単純な筋トレグッズですが、トレーニング方法は多彩で、

上半身を中心としてさまざまな部位を鍛えることができます

 

これからダンベルを購入しようと思っている場合には、

 

・重さを変えることができる

・ラバーがついている

・十分な重さがある

 

こういったポイントを抑えておくとよいでしょう。

 

ダンベルには、プレートで重さを変えることができるものとできないものがあります。

 

自宅用に購入するなら、重さを変えられるものを選ぶことで、

さまざまな種類のトレーニングを行うことができますから、おすすめです。

 

特に、筋トレを続けていくうちに、徐々に筋力もアップしていきますから、

それにあわせて重くしていくことも大切です。

 

そのためには、重さを変えることができるタイプのものを選ぶことで、

長く使用することができます

 

また、プレートの周りにラバーがついているものとついていないものとがあります。

 

自宅で筋トレを行う場合には、床に傷つかないようにラバーがついたもの

を選んだ方がよいでしょう。

 

特に、重くなるほど万が一落とした時にも、ラバーがついたものを選んだ方が

安心でしょう。

 

重さを選ぶ目安としては、初心者は5キロ~10キロ程度となりますが、

筋トレになれてくれば男性の場合20kg×2セットの40kgセットや、

30kg×2の60kgセットを選ぶことをおすすめします。

 

 

 

 ダンベルは全身の筋肉が鍛えられるか?

 

 

ダンベルというのは、だけを鍛える道具ではなく、

全身を高負荷によって鍛えることができますから、おすすめの筋トレ法といえます。

 

ダンベルトレーニングには、8つの筋トレ種目があります。

 

・ダンベルフロアプレース

大胸筋や三角筋前部と上腕三頭筋を鍛えることができます。

 

・ダンベルショルダープレス

肩や上腕三頭筋を鍛えることができます。

 

・ダンベルベントオーバーローイング

広背筋を中心に僧帽筋も鍛えることができます。

 

・ダンベルレネゲードロウ

広背筋と僧帽筋を鍛えることができます。

 

・ダンベルゴブレットスクワット

下半身全体を強化することができます。

 

・ダンベルシングルレッグルーマニアンデッドリフト

太股の裏や下半身をまんべんなく鍛えることができます。

 

・ダンベルスイング

全身のトレーニングになります。

 

・ダンベルロシアンツイスト

脇腹の腹斜筋群を中心に鍛えることができます。

 

これらのトレーニングを行うことで、全身の筋肉を鍛えることができます。

 

 

 

まとめ

 

ダンベルは、基本的には、ほかの器具はなくても鍛えることができる

トレーニング器具ですから、これから筋トレを始めようと思っている人

にはおすすめです。

 

選び方のポイントを抑えておけば、自分にあったダンベルを選ぶことができます。

 

 

画像:http://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1511324141/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cDovL3huLS0yMC1vZzRhcWEyanVhOWE1OTQyY2RkMWQuanAva2ludG9yZS1kYW5iZXJ1LTc5MA–/RS=%5EADBpMmQ4DDshphfV1GQfxm5R.fo190-;_ylc=X3IDMgRmc3QDMARpZHgDMARvaWQDQU5kOUdjUU5hX1ZCQW90SVMyc1U3SVBMLWZ5MmgzZW9NV1JERjhuVVZ3UEdKVWI0UXJEV3ZrOXpVcVlVelVvBHADNDRPQTQ0T3o0NE9aNDRPcjQ0R3U2WWVONDRHVgRwb3MDMgRzZWMDc2h3BHNsawNycg–

画像:http://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1511324143/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cHM6Ly9tdXNjbGUteWFyby5jb20vZHVtYmJlbGxwcmVzcy8-/RS=%5EADB6gKi2w_zwVyCgX.Pi7mhbSQ0s24-;_ylc=X3IDMgRmc3QDMARpZHgDMARvaWQDQU5kOUdjUXE0LUg0cWZGaDRldzhKbEw2NFlYcS00YXlpX3UxdmtPcjdQT3owem91XzhXYmZUSnpYZmxmeEpqbgRwAzQ0T0E0NE96NDRPWjQ0T3I0NEd1NlllTjQ0R1YEcG9zAzMzBHNlYwNzaHcEc2xrA3Jy

画像:http://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1511324297/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cDovL3NwZWVkLXNoYXBlLmNvbS9hcmNoaXZlcy8xNjUwNg–/RS=%5EADBCBVIR9XuN_VCsiikyvS.GvBuHbo-;_ylc=X3IDMgRmc3QDMARpZHgDMARvaWQDQU5kOUdjVGZRTGk4SjMzNXVQMlA1Ui1vc2hMZ3MwWS10NlNOLTVlUVREdkJQV1lVTjZHdUxFWnNsR28xcTBFBHADNDRPQTQ0T3o0NE9aNDRPcjQ0R241WVdvNkxxcjQ0S1M2WTJiNDRHSTQ0S0wEcG9zAzM1BHNlYwNzaHcEc2xrA3Jy

画像:http://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1511324374/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cHM6Ly9nYWNoaS1yZXZpZXcuY29tL3J1YmJlci1kdW1iYmVsbC0xMC8-/RS=%5EADB6hZXPu1gEy9pAueQraHi5cAwcYs-;_ylc=X3IDMgRmc3QDMARpZHgDMARvaWQDQU5kOUdjVDFMdXZrYkx2a3QySG5SX1NMMUhFQThWOV9OZTN1WWpiRFJXd2VOZHZHU3ZidDlTSkxiSHBUOVpsYgRwAzQ0T3A0NE9RNDRPODVMdVk0NEdONDRPQTQ0T3o0NE9aNDRPcgRwb3MDMwRzZWMDc2h3BHNsawNycg–

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です