ダンベルで胸筋を鍛える筋トレ方法とは?動かすしくみとは?

今からムキムキボディになる!

こんにちは!マスターです!

 

マッチョの人が、胸筋を動かすところを見たことありますよね?

 

真似してなんとか動かそうとしても、なかなか成功しないですよね。

 

そこで、今回はダンベル胸筋を鍛える筋トレ方法や、胸筋を動かすしくみ

ついてご紹介していきたいと思います。

 

 

 

胸筋について

 

 

胸筋というのは、胸の筋肉の事です。

 

男女ともにこの胸筋はあります。

 

女性の乳房はちょうど、この胸筋の底面の上に、乗っかっている部分になります。

 

男性は、その胸筋自体が胸の肌表面にまで形で浮き上がってくるので、

その形が露呈されます。

 

胸筋により、あらゆる運動能力が付加されます。

 

それは、上半身をひねる運動

・物を持ち上げる運動

・腕を前へ繰り出す運動

・つっかえる運動。

 

これらの上半身の運動のキーパーツとして、重要な役割を果たします。

 

この部分をちゃんと鍛えておくと、たとえば、胸筋がつるというような

現象は起きなくなります。

 

よく、ボディビルディングなどで、胸板の厚い男性のフォトなどがあったりしますが、

あれは、胸筋を集中的に鍛えたヴィジュアルマッスルです。

 

 

実際の有効な胸筋は、そういうものではなく、男性としてもすこしふくらみのある、

カーブの効いた胸筋が使える胸筋になります。

 

それは、脂肪のふくらみではなく、あらゆる武道に精通した柔軟な胸筋になります。

 

 

 

 

ダンベルで胸筋を鍛える筋トレ方法とは?

ダンベルで胸筋を鍛える方法は、ダンベルをもってボクサートレーニングをすると、

への負担も大きく、重心も安定しないことがネックになります。

 

そして、背筋を痛める恐れがあります。

 

なので、ダンベルは、床に置いたままにします。

 

これは、リフトアップ・プッシュアップタイプトレーニングの基礎にはなるのですが、

床の底面に、平手で付かないやり方になります。

 

要するに、持ったまま、背筋から使って、腕立て伏せをするのです。

 

握力もつきます。

 

この状態は、胸をしめておかないと、上半身は持ち上がりません。

 

そして、手のひらには、ダンベルのハンドバーの圧力が一気にかかります。

 

その上で、地面を持つようにして、リフトアップサイクルを行います。

 

この胸筋の鍛え方は、実際上腕二頭筋の鍛え方とは違っていて、

三角筋と胸筋、腹筋上部を鍛え上げます。

 

要するに、タフネスな上半身の肉の付き方になります。

 

握力として育つのも充分なので、より武道に向いた、ダンベルリフトアップが可能です。

 

 

 

 

胸筋の動かすしくみとは?

 

 

胸筋の動かすしくみについてご紹介したいと思います。

 

よくピクピクと動かすマッスルトレーニングがあります。

 

これは、ひとつの神経系の鋭敏さと、その筋肉自体の連動性を意味するもので、

あまり意味はありません。

 

筋肉があるから動くのではなく、神経と筋肉が連動した状態。

 

要するに、運動神経がいいしるしです。

 

運動神経がいいというのは、幼いころからの素質のように言われますが、

これは、赤ちゃんの時には未だなくても、

幼児期ごろから鋭敏な運動神経はほとんどの幼児にはあるものです。

 

それを育てるか否かは、小学校以降の自身の努力に依ります。

 

運動神経と言うのは、かろやかに動けるような素質のように捉えられますが、

筋肉を自由に動かせるかどうかの、脳のはつらつさでもあり、

自由に運動をこなせるという意味です。

 

それはパターン化した、同一的な同じ動きの連鎖ではなく、自由意思の効いた、

即時に判断し、瞬時に対応し、動ける筋肉までの連動です。

 

これを自由意思運動神経といいます。

 

そのためには、神経線維の末端の筋肉組織まで、自身の指令により、

筋力が動かなくてはなりません。

 

例えば、ちょっと遠くに、テーブルの上にリンゴが置いてある状況の

手前の椅子の上で、どのようにそれをもぎ取ったら良いのか、

瞬時に計算し動ける形です。

 

ミスをして、そのリンゴの下の皿がテーブルから落ちそうになっても、

片方の手で、すっと手を伸ばし、皿を割る事のない技術を言います。

 

これは、視覚神経も必要なことにはなります。

 

 

 

 

まとめ

 

ダンベルリフトアップサイクルトレーニングについて説明しました。

 

胸筋というのは、見た目に重要とする人たちはいるかもしれませんが、

運動能力として見る場合には、とても重要な部分です。

 

たとえば、何かが飛んできたとき、顔をよけるのか、手でガードするのかという瞬間、

腕と手が顔の前にすぐ来る時には、胸筋の運動神経が豊かでないとこうはいきません。

 

関取がプッシュ系動作につよかったり、上手を下手にチェンジしたりする、

自由意思運動神経としては超重要の箇所と言えます。

 

つまり、ホールドされている腕を、すっと後ろに抜いて、逆手に持ち替えて、

差し替える。

 

このような瞬時の運動は、エキスパートでなければできません。

 

筋トレによって育つ筋肉という意味に捉えられると思いますが、

とっさの判断で動かなくてはならない事態は、いつ起こり得るかわからないものです。

 

このような筋トレで、こけそうになった老人と言えども、瞬時に床面から身帰り、

身打ちしないような状況に腕を組むことも可能になります。

 

これは、逆の意味で言えば、受け身の逆の方法になります。

 

ボクサーで、片方のグラブで顎をガードし、片方の腕でストレートを打つ、

そのワンツーパターンでも、重要なのが胸筋です。

 

動かし方の訓練としては、ダンベルプッシュアップタイプが有効です。

 

 

画像:http://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9kZXRhaWwuY2hpZWJ1a3Vyby55YWhvby5jby5qcC9xYS9xdWVzdGlvbl9kZXRhaWwvcTEyNTYzOTM5NDc-;_ylc=X3IDMgRmc3QDMARpZHgDMARvaWQDQU5kOUdjVDh0Tlc2QWVjUUFUMHpseXJFMXQyak9leG5SUjM1VTJvNF8xNzBQcTBpYXh0QW12aDZ4SzI4UWcEcAM0NE9BNDRPejQ0T1o0NE9yNDRHbjZJTzQ1NjJMBHBvcwM1NQRzZWMDc2h3BHNsawNycg–

画像:http://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1512795227/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cHM6Ly9zbWFydGxvZy5qcC80NzQ5Mg–/RS=%5EADBnqdfzu.WL4c599qzv23mdPATU.g-;_ylc=X3IDMgRmc3QDMARpZHgDMARvaWQDQU5kOUdjUkwxMEpYdVIwUTVWRlN0MEs3dVYyZVVhMXpKTU5kZk9rTEQ2TU84bC1OMVVSdk5rNXVVX1RtOUEEcAM2SU80NTYyTARwb3MDNARzZWMDc2h3BHNsawNycg–

画像:http://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1512795841/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cHM6Ly9zdHJldGNocG9sZS1ibG9nLmNvbS9kdW1iYmVsbC10cmFpbmluZy0xNzU3MQ–/RS=%5EADBtNJ4Ub7poArFQDL6eKQuuHtltt4-;_ylc=X3IDMgRmc3QDMARpZHgDMARvaWQDQU5kOUdjUU8yeDVka2FPU0hnSU5qdGFWLVJvc3F1T0RrZ3VQRllvWWtkQXd4MF9XMHN2Yk5iSjJnZVd1MFRyOARwAzQ0T3E0NE9WNDRPSTQ0S2k0NE9ENDRPWDQ0Tzc0NE9YNDRPRDQ0SzM0NE9sNDRLaTQ0T0Q0NE9YNDRLXzQ0S2s0NE9YNDRPSTQ0T3M0NE84NDRPTDQ0T3o0NEt3NDRDQTQ0T0E0NE96NDRPWjQ0T3IEcG9zAzEEc2VjA3NodwRzbGsDcnI-

画像:http://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1512795418/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cHM6Ly9wb3dlci1oYWNrcy5jb20vZGFpa3lvdWtpbi1raXRhZWthdGEtbWF0b21lLw–/RS=%5EADBRbGdzaUJby4SGJSBIuiRnssQAc8-;_ylc=X3IDMgRmc3QDMARpZHgDMARvaWQDQU5kOUdjUkFJSHIxTVdOY1JfcU4xa2FPVEZTcHpHNjNvWFdhYWFJQUhrblFVYlpha082Z0pNRlN1X01UdVBFBHADNklPNDU2Mkw1WXVWNDRHTDQ0R1g1cGE1BHBvcwM3BHNlYwNzaHcEc2xrA3Jy

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です