アミノ酸の効果とは?たんぱく質との関係とは?不足するとどうなる?

今からムキムキボディになる!

こんにちは!マスターです!

 

そういえば、筋トレをして筋肉をしっかりとつけるためには、

アミノ酸は欠かせないということはご存じですか?

 

アミノ酸というのは、筋肉のエネルギー代謝や合成などにも深く関わっていますから、

積極的に摂取することが大切です。

 

今回は、そんなアミノ酸の効果についてご紹介させていただきます!

 

 

 

 

アミノ酸の効果とは?

アミノ酸というのは、私たちの体の約20パーセントを占めるたんぱく質を作る成分で、

タンパク質を作るだけではなく、疲労の軽減美容筋肉量の維持免疫力アップ

アルコール代謝など、さまざまな体の機能調節にも関係しています。

 

アミノ酸は、たんぱく質の構成物質ですから、私たちの体を作って、

生きる活動を続けるために、重要な働きをしています。

 

アミノ酸は、皮膚や筋肉、臓器、髪、爪などの材料となり、

病原菌やウイルスなどの外敵と闘うため、必要不可欠な成分といえます。

 

アミノ酸は、数百種類ありますが、

その中でもたんぱく質を構成する役割を持っているアミノ酸は20種類しかなく、

食事やサプリメントなどで補う必要があります。

 

ただ、体内で合成できるアミノ酸も、食事で摂る必要がないわけではなく、

不足してしまうと体内で必要な量を合成することができないため、

バランスよく摂取することが大切です。

 

 

アミノ酸に期待できる効果としては、

脂肪燃焼、

体力アップ、

免疫力アップ、

肌再生、

脳機能活性、

成長サポート、

リラックス・安眠

などがあります。

 

 

このうち特に筋肉をつけるのに大きく関係するのは、

バリンやロイシン、

イソロイシン、

リジン、

プロリン、

アラニン、

アルギニン、

メチオニン

などのアミノ酸です。

 

 

 

 

たんぱく質との関係とは?

たんぱく質は、アミノ酸が数十万から数百万集まってできています。

 

たんぱく質というのは、腸で体内に吸収されますが、

たんぱく質のままでは吸収されず、

アミノ酸やペプチドの状態に分解されないと吸収されません。

 

ペプチドというのは、アミノ酸が数個集まった状態のことで、

ペプチドの状態で腸管に取り込まれた場合には、

アミノ酸に分解された後に血液で全身に運ばれ、体の中に吸収されていきます。

 

水分をのぞくさまざまな成分の中でも、たんぱく質は、私たちが生きていく上では

必要不可欠な栄養素で、筋肉や臓器、血液、髪、皮膚、爪、骨などを作り、

エネルギーやホルモン、ヘモグロビンなど、さまざまな形となって存在しています。

 

たんぱく質は、肉類や卵、魚、乳製品、豆などに多く含まれていますが、

そのままでは分子が大きすぎて体内に吸収されないため、

アミノ酸のような細かい分子に分解する必要があります。

 

 

 

 

アミノ酸が不足するとどうなる?

アミノ酸が体内で不足してしまうと、

疲れがとれなかったり、髪がパサパサしたり、肌荒れが気になる

などさまざまな不調を感じてしまいます。

 

アミノ酸というのは、体を構成する材料となりますから、

不足すると、古い材料を使ったまま細胞を作ってしまうので、

肝機能が低下してしまったり、肌荒れなどさまざまな不調を引き起こす原因と

なってしまいます。

 

 

私たちの体を支えているのは、骨格筋という筋肉で、

エネルギーを消費する基礎代謝の役割があります。

 

運動によって筋組織は破壊されてしまいますが、

バリンやロイシン、イソロイシンなどのアミノ酸を摂取することで、

運動中に壊れてしまった筋組織を修復し、筋肉をつけやすくすることができるため、

筋力アップや持久力向上にはおすすめです。

 

バリンやロイシン、イソロイシンのような必須アミノ酸は、

体内で合成されませんから、食事やサプリメントなどから摂取する必要があります。

 

バリン、ロイシン、イソロイシンBCAAとも呼ばれ、

プロテインと同様に筋トレをする人には馴染みの言葉かもしれません。

 

 

バリンは、比較的多くの食材に含まれているアミノ酸で、

まぐろの赤みやレバー、チーズ、カシューナッツなどに多く含まれています。

 

 

ロイシンは、たんぱく質を摂取していれば、通常の生活では不足しにくいアミノ酸で、

膵臓からのインスリンの分泌を促進するという働きも担っています。

 

 

イソロイシンは、鮭やぶり、鶏胸肉、チーズ、脱脂粉乳に多く含まれるアミノ酸です。

 

 

BCAAは、必須アミノ酸の中でも筋肉で使用される割合が高く

BCAA自体がエネルギー源となりますから、筋たんぱく質の分解が抑制されます。

 

BCAAをより効率的に補給するには、運動前に摂取するのがおすすめです。

 

BCAAを摂取してから約30分後に血中濃度がピークに達するため、

筋トレや運動をする約30分前に摂取しておくと、疲労感を軽減することができ、

集中力の低下を抑えることができます。

 

 

 

 

まとめ

 

細マッチョを目指すなら、BCAAを摂取するのがおすすめですが、

長期にわたって摂取することで、腎臓や肝臓に負担をかけてしまう

可能性もありますから、過剰摂取には十分注意する必要があります。

 

また、動物性の食品に多く含まれていますが、食事から摂取した場合には、

脂肪分も一緒に摂りすぎる可能性もあるので、

食事のバランスを考えながら摂取するようにしましょう。

 

 

画像:http://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1515551407/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cHM6Ly9tYXRvbWUubmF2ZXIuanAvb2RhaS8yMTQ3NjIzMjgxNTA5ODQ5MjAxLzIxNDc2MjM4MzY4MTM0OTExMDM-/RS=%5EADBdyILDsWPywHx5r1GjfWwhovabkI-;_ylc=X3IDMgRmc3QDMARpZHgDMARvaWQDQU5kOUdjUUFaQUFzOTJzelBFenZHVC1RZ0FaRjJ3N0ROa24tYXM1S2pNLTF5Z0VWUWZobzNkTG43Z0xYUVMwBHADNDRLaTQ0T2Y0NE9PNllXNDQ0Q0E0NEtrNDRPcDQ0SzU0NE9JBHBvcwM4BHNlYwNzaHcEc2xrA3Jy

画像:http://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1515551518/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cDovL3d3dy5uYXR1cmUtcm9vaWJvcy5qcC9ocGdlbi9IUEIvZW50cmllcy80My5odG1s/RS=%5EADBvb1rDV4CuqEuiA4_07jIk7jFNKw-;_ylc=X3IDMgRmc3QDMARpZHgDMARvaWQDQU5kOUdjUVBtaXpGcDZucUpxb25XM1FuVnoybmxxWkVBSW5QYk5HaUNFcVFJbWZOLTBsMHhOcU9PdHgzWWtvBHADNDRLaTQ0T2Y0NE9PNllXNDQ0Q0E1WXE1NXA2YwRwb3MDNwRzZWMDc2h3BHNsawNycg–

画像:http://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1515551661/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cDovL3d3dy53YWthc2Fub2hpbWl0c3UuanAvc2VpYnVuL3Byb3RlaW4v/RS=%5EADBNfQSFX_2BVEonDUDIFfz_MMz04M-;_ylc=X3IDMgRmc3QDMARpZHgDMARvaWQDQU5kOUdjUmhtZ2twYlRqRlFoM3Q0TmV5b2tPbnlpd05xOE1oMzRmVl9SNlB2OUtibl9Ma2NyNlg2aEctVF9RBHADNDRHZjQ0S1Q0NEd4NDRHUDZMT3EEcG9zAzkEc2VjA3NodwRzbGsDcnI-

画像:http://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1515551738/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cDovL3d3dy50ZWF0cm8tcmVzdC5jb20vb3Rva28uaHRtbA–/RS=%5EADB40IGMPNGmfGEF2.XhoCD70_8lh0-;_ylc=X3IDMgRmc3QDMARpZHgDMARvaWQDQU5kOUdjU1JTakNKdXRRVDBjUm52bWJCQ01JR2RLQm9uNDlfdHJZc1NKQ0NZd0N4aHJrTFJvU3BEdnhzVllzBHADNDRLaTQ0T2Y0NE9PNllXNDVMaU42TGF6NDRDQTU1UzMEcG9zAzM4BHNlYwNzaHcEc2xrA3Jy

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です